沿岸警備の目的

沿岸警備とは、国の領海を守るための組織やその行為に対して使われる言葉ですが、ここ最近、日本でもこの沿岸警備についてたびたび議論が行われるようになってきたと思います。
まず、日本では、海上自衛隊や海上保安庁が沿岸警備を担当しており、巡視艇や巡視船といった船舶を用いて、日本の領海の警備を行っています。
日本は、複数の国と領域問題を抱えており、この問題は沿岸警備を行う海上自衛隊や海上保安庁の業務にも大きな影響を与えています。
また、領域問題だけではなく、沿岸警備は自国に危険な物を入れない、または自国から持ち出されないようにすることも目的のひとつで、海上保安庁は「海の警察」というように、国外から海運を使って持ち込まれる武器や麻薬などの危険物の取り締まりを行っています。
沿岸警備により、私たちの生活は未然に防がれているという認識をもち、これから警備について少し話をしていこうと思います。

警備の仕事とは

世の中には警備の仕事もたくさん募集していますが、警備の仕事って多岐に渡りますよね?例えば、施設内の巡回警備員であったり、車や人を誘導するのも警備の仕事の一環です。
年配の方々がやっているイメージも強いかもしれませんが、警備の仕事は若い方から年配の方まで老若男女問わず様々な人がしています。
やはり、その警備員の方々がいなければ当然困ることも多いですし、犯罪を防ぐための役割を果たしてくれています。警備の仕事はアルバイト情報誌などにもよく掲載されているので、おそらくほとんどの人は一度くらいは警備員募集を見たことがあるのではないでしょうか。
警備の仕事は、建物の夜間巡回などだと深夜の勤務となることも多く、不規則な生活になることもあるのですが、その分しっかりと仮眠や休憩時間もあるので、そこまで心配することはありません。もちろん、責任感のいる大変な仕事なのですが、警備の仕事にはやりがいもかなりありますし、数多くの人々が警備の仕事をしているのです。
私たちの生活の中でも警備員の方々は大きく貢献してくれているので、その警備員がいなければ困ることもたくさんあるでしょう。警備の仕事は犯罪を未然に防いだり、人や車を誘導するなど、様々な仕事があります。

警備員の仕事の実際とは?

警備員の仕事は全国的に需要があるといえるでしょう。正社員での募集もありますが、派遣やアルバイトなど幅広く募集されているのが特徴です。
さらに、警備員の仕事は、比較的勤めることができる年齢が幅広くなっているのが特徴です。このため、中高年の方で仕事に就いている方も多いです。
警備員の仕事の実際のところですが、仕事の現場によって、その仕事内容も異なるといえるでしょう。比較的楽な現場もあれば、とても重労働な現場もあります。責任が重いところもあれば、それほどでもないところもあります。このため、その現場によって、その報酬なども異なるといえるでしょう。
警備員としての経験やスキルなどがある方の場合は、責任の重く、給与なども高く設定されている警備の仕事が回ってくることが多いです。
個人的な不得意得意や、また希望としている現場などもあると思いますので、警備の仕事に応募をする際には、どのような現場での仕事なのかということを明確にしておいたほうが良いといえるでしょう。さらに、警備員としてどのような仕事を具体的にしたいのかといったことも、目標を定めておくと、この先にステップアップをしていくことがたやすくなるといえるでしょう。

警備の種類とそれぞれの特徴

警備員が行える業務は警備業法で定められていて、施設警備と交通誘導そして貴重品の輸送警備に身辺警備の4種類に分かれます。
施設警備は、商業施設や病院・ホテルなど人が集まるところに常駐して警備を行い、業務内容は主に3つあります。
ひとつは万引き等の犯罪時の対処と犯罪予防を行い、火災の防止も任務にあって、防犯と火災予防のために定期的に施設内を巡回します。
そして、施設内にある駐車場の交通誘導も施設警備の業務になります。
交通誘導は工事現場などで車や人の往来を誘導する業務になります。
基本的に1人か2人が配置され、一方の通行を遮断して他方の往来を誘導します。
警察官が行う交通整理とは違って、警備会社の警備員が行う交通誘導には法律による拘束力は存在しませんが、車や人の往来に支障が出る箇所で行っているので、警備員の支持に従う事が重要になります。
輸送警備は、現金や貴金属などの貴重品の盗難を予防しながら輸送を行う業務になります。
具体的には特別な輸送車に2・3人が乗車して、周囲への警戒を行いながら貴重品を車に乗せて目的地まで運びます。
身辺警備は、特定の人に危害が加わらないように身辺を警備する業務です。
警備を行う人の使用する交通機関の安全や、住居やその周りの安全を確保しながら警備を行います。
施設警備や交通誘導そして貴重品の運搬警備には公安委員会が行う検定があり、その検定を受ける事でそれぞれの資格を取得する事ができます。